2009年04月08日

富士ハウス元代表取締役などを相手に提訴へ

静岡第一テレビで、富士ハウス被害対策弁護団が4月13日に提訴すると載せている。

”富士ハウスの元代表取締役などを相手に賠償を求めて”とあるので、提訴されるのは、元社長以外も含まれているのかな?

”原告は県内外の40人に上り、請求額は約3億円規模”とあるで、破産決定以降で直前入金の方が40人以上いるのね。


9:10追記
静岡新聞に内容が詳しく載っています。
”1月末以前に破綻を決意しながら、関東や関西地方に住む未着工の住宅の施主10数人から多額の契約金をだまし取った疑い”とあるけど”1000万円以上を入金した被害者ら40人が”ともあるので、破産決定以降だけではなく、被害額が大きい方が原告なるのかな?
”1000万円以上を入金した被害者が約170人に上る”のうちの40人なんだろうか?


12:45追記
中日新聞 静岡版にも、提訴に関することが載っています。
”原告になるのは、同社が資金繰りに行き詰まった昨年11月上旬以降に、請負代金の7割以上を支払った重大被害者”とあるが、”重大被害者”って未着工とか着工して2日目とか制限あるのかな?
ラベル:富士ハウス
posted by AJYA at 06:29| 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 富士ハウス破産以降 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
11月上旬以降に支払いをしていれば制限はないと思いますよ。
未着工とかも関係ないと思います。
おそらく被害金額が大きく、工事続行できない人は弁護団に参加されていると思うので、そういった人にも連絡いってると思いますよ。

Posted by 被害者 at 2009年04月08日 16:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック