2009年05月23日

富士ハウス被害対策静岡県弁護団の動向

中日新聞 静岡版静岡第一テレビSBS TVで、富士ハウス被害対策弁護団の動向が載っています。

損害賠償請求の2次提訴は、6月上旬に50人前後、請求金額は2億円で行われるようですね。
以前までの記事では、2次提訴は10人前後となっていた記憶なので、人数がいきなり増えた印象です。

特定調停の申し立ても、6月上旬に24の金融機関に対して行うようですね。
こちらに書かれている特定調停のデメリットの1個目は、今回どうあつかわれるんですかね?弁護団と金融機関の間で、こういったところも議論されているんでしょうけど。
ラベル:富士ハウス
posted by AJYA at 07:51| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 富士ハウス破産以降 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック