2010年01月30日

富士ハウス破産から1年

富士ハウスの破産を知ったのは、ホームページをたまたま見て。見た直後は、冷静さを保つのに必死だった。金曜と日曜に話し合い。

月曜は会社で「自分の周りにそういう状態になった人がいないから」って聞いてくるアホがいて、ブチギレそうな状態になったこともあった。

富士ハウスを引き継ぐという会社が現れて、ちょっとは希望を持って話を聞いたが、怪しさしか感じられず、任せる気にならず。他に頼んで完成させた。

余分な借金をする羽目になり、生活の予定が色々狂ってしまっている部分もあるけど、暮らせているだけマシだよなって思うようにしている。
これだけ悪いことが起きたんだから、後はいいことしか起きないとも思うようにしてる。


管財人には、目標金額未満でもいいから、まずは今ある現金を早く分配して欲しい。

最近の富士ハウス関係の情報
富士ハウス被害対策弁護団
読売新聞 静岡版
静岡新聞
毎日新聞 静岡版
読売新聞 静岡版
中日新聞 静岡版
毎日新聞 静岡版
ラベル:富士ハウス
posted by AJYA at 23:58| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 富士ハウス破産以降 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。
随分とご無沙汰していますが、お元気そうで何よりです。
お家も無事に完成されたようですね。

あれから1年。
色々な思いがありました。
やはり、この日は忘れられない日となってしまいましたね。

思い出したくないけど、忘れてはいけないことなんだなぁと思います。

Posted by そらっこ at 2010年02月01日 20:00
ご無沙汰しています。
無事完成してます。

あの日のことは、一生わすれないんでしょうね。
毎年思い出しては、なんならかの感情がわいてくるんだろうなって思います。
Posted by AJYA at 2010年03月07日 10:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。